入居者 interview

マルセビル管理 > Blog > 入居者 interview

入居者インタビュー。

 

今年(2017年)の4月より新社会人になるMさんにお伺いしました。

 

 

新社会人Mさん

新社会人Mさん

 

 

マルセ:まず部屋探しのきっかけは何だったのでしょうか?

 

 

Mさん(以下、M):大学を卒業し、就職をするために利便性のいいところに住みたいと思って・・・

 

 

マルセ:今回、部屋探しをする上での条件はありましたか?

 

 

  M:会社が品川か新横浜の勤務のため、駅から徒歩10分圏内できれいなお部屋を希望していました。

 

    また、色々な所に遊びに行きたいから東横線が希望でした。

 

 

マルセ:鶴見のお部屋に決めた理由は?(沿線を鶴見に変えた理由は)

 

  M:JR線ばかりでなく、京急線も利用でき、仕事で出張も多そうなので・・・。 

 

    今後の生活スタイルに合うと思いなおしてみたからです。

 

    また、鶴見はサルビアホールにコンサートで2・3回来たことがあり、

 

    お部屋の案内をしていただく時には、駅周辺などの環境も見せていただき、気にいったからです。

 

 

マルセ:具体的にこのお部屋に決めた理由はなんだったのでしょうか?

 

  M:駅から近いという希望条件に合っていたのと、日当たりが良いところです。

 

    お料理することも好きなので、おしゃれなキッチンがあり、調理スペースも広かったところ。

 

    そして、個性的な内装だったのが決め手でした。

 

 

ステンレスキッチン前で

広々ステンレスキッチン

 

 

マルセ:弊社としては入居される方が、帰りたくなる部屋・自慢できる部屋(今までにないワクワク)

 

    にしたいと考え、内装作りをしていますが、

 

    新社会人にあたり、どんな生活(くらし)をしてみたいですか?

 

 

  M:オンとオフを使い分けて充実ある生活をおくりたい。

 

    とくに仕事から帰ってきたときにホットできる様な空間作りをしたい。

 

    おしゃれな部屋なのでCafeの様な感じにもしてみたい。

 

    駅から近く、自慢したい部屋(内装)だから、友達も呼んでみたい!

 

 

マルセ:これから引っ越しを控え、家具をどうしよう?など夢は広がりました?

 

 

  M:広がりました。今住んでいる(賃貸)お部屋は、シンプルな作りですが、

 

    このお部屋はクロスのインパクトが個性的なので、それに合うものを置いて、

 

    おしゃれな暮らしを楽しみたいです。

 

 

 

個性的な内装

個性的な内装

 

 

 

マルセ:不動産仲介会社は、部屋探しをして・部屋が見つかると仕事としては終了してしまいますが、

 

    弊社(管理会社)は、そこで暮らす人の暮らし方(生き方・考え方)のお手伝いができる?

 

    うまく説明できない部分もありますが、入居者様が笑顔になる事が一番じゃないかと・・・

 

 

 

事務所にて

事務所にて

 

 

 

  M:十分伝わりました。

 

 

マルセ:話は変わりますが、「リノベーション」という言葉は知ってましたか?

 

 

  M:聞いたことはありました。

 

 

マルセ:選んでいただいたような部屋(リノベーション物件)は、まだまだ全国的に見ても少ないのですが、

 

    今後・リノベーション物件は増えてほしいですか?

 

    それとも古い建物を壊して建築する(スクラップandビルド)の社会

 

    =新築物件が増えてほしいですか?

 

 

  M:それぞれに良さがあるのでどちらかは決められない。

 

    リノベーションは、コンセプトやイメージが伝わりやすかった。

 

    新築物件は全て新しいから、気持ちいいとは思いますが、その分賃料が高くて・・・。

 

    また、築年数の経っていない物件(新築後~5年)は部屋が箱のように見えました。

 

 

マルセ:最後になりますが、入居する部屋の内装を考えた担当者のイメージ?について何でもよいので。

 

 

  M:シシド・カフカみたいな女性。痩せていて、黒髪のシュッとした感じ。

 

    ファッションに興味があり、オシャレな感じの人かな・・・。

 

 

 

シシド・カフカ

シシド・カフカ

 

 

 

マルセ:契約後に、お付き合いいただきありがとうございました。

 

    また笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。