宅地建物取引士/詳細

マルセビル管理 > Blog > 宅地建物取引士/詳細

以前は〔宅地建物取引主任者〕でした。

2015年4月1日より〔主任者〕→ 〔主任士〕 に変わりました。

 

国家資格。

・試験は年に1回 (試験日は10月の第3日曜日)

・試験時間は2時間(50問/四肢択一/マークシート方式)

 

なぜ必要なのかというと

・不動産の売買などの契約前に、〔宅建士〕は内容に関する重要事項を記載した書面

 (重要事項説明書)を交付して『物件を取得し、または借りようとする人に』説明を

 行わなければならないからです。

 

・不動産業を営むには、ひとつの事務所において『5人に1人』以上の割合で〔宅建士〕を設置する

 ことが義務付けられています。

 もし、必要な〔宅建士〕の人数が不足した時は、2週間以内に是正(補充)措置を

 取らなければなりません。

 

世の中が変わってくるのに伴い、契約書も重要事項の説明も新しい事項が追加される昨今。

日々、勉強です。

 

この土地から新天地へ移動されるときには、

『いい街だったなー。』『いい部屋だったなー。』と

笑顔で引っ越されるよう、暮らし始めの疑問点には誠意をもって説明をするよう

心がけています。