うちナビ破産の衝撃

マルセビル管理 > News > うちナビ破産の衝撃

平成28年10月、約8億円ともいわれる負債を抱え、うちナビ(東京都渋谷区)は倒産したのか。    

 

 

4年間で3倍に膨れ上がった負債

4年間で3倍に膨れ上がった負債

 

 

『日本で一番、人を大切にする会社を創る』。

 

うちナビが掲げたキャッチコピーは、いまやむなしく響く。  

 

賃貸仲介直営店として中堅規模といえる70人の所帯は、解雇通知を言い渡され散り散りになった。  

 

元社員が訴訟を起こす(パワーハラスメント・残業代未払いなどの賠償請求)など、

 

「人」を大切にする理念と現実   はかけ離れていた。

 

テレビCMなどのブランディングに力を入れても、  

 

会社の屋台骨である社員がぼろぼろになっていた事が、うちナビ倒産の理由の一つだと言えるだろう。  

 

 

また、仲介だけをメインにおくビジネス(波の激しい)がいかに不安定なのかも浮き彫りに・・・  

 

今後、仲介を専門に行う会社は、他社との差別化が必要になっていく事は間違いないであろう。