原状回復と敷金返還

マルセビル管理 > News > 原状回復と敷金返還

2017年4月14日、債権に関わる民法の改正案が衆議院を通過した。

今国会で成立改正されれば、2019年秋以降の施行になる。

賃貸業界に関する事項は、これまでの判例を基におおむね実態に伴った内容に改正される見込み。

 

今回の改正で注目されているのは、主に個人保証の制限と、敷金の定義が設けられたこと。

たとえば賃貸借契約時に個人が連帯保証人になる場合、保証極度額の開示が必要になる。

これまで未払い家賃や入居者の過失による部屋の損傷を改修する費用など、責任の範囲は

賃借人と同様と考えられ、極度額は設けられていなかった。

施行後は、連帯保証人の契約書に極度額が設けられるようになる。

 

賃貸借契約に関しては、新たに〔敷金〕が義務づけされ、原状回復についても明文化される。

 

改正後は2019年秋から2020年の施行が見込まれる。

 

                       ~ 2017/4/24号 週刊 全国賃貸住宅新聞より ~