す み に お け な い ね

マルセビル管理 > Renovation > す み に お け な い ね

「 墨 壺 」。

 

骨董品ではございません。

~時代が流れても変わらないものが必ずある。先人達が残してきたすばらしい知恵・道具・伝統~

 

%e5%a2%a8%e3%81%a4%e3%81%bc1

現在の墨壺

%e5%a2%a8%e3%81%a4%e3%81%bc

昔の墨壺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




読み方:すみつぼ
木でできており、壺の部分には墨を含んだ綿が入っている。糸車に巻き取られている糸をぴんと張り、糸の先についたピン(カルコ)を材木に刺す。この状態から糸をはじくと、材木上に直線を引くことができる。建設途中の梁や柱など、材木の間が離れている所でも、この道具を使用することにより正確に直線を引くことができる。
建築工事において、建物の柱の中心線や床・壁の仕上げ面の位置など、工事の基準となる線を構造体などにしるしをすることができる道具です。

039

躯体に記された逃げ墨

 

墨の代わりに粉チョークを使うチョークラインという工具もあり、墨壷に比べて扱い易く一度引いた線を簡単に消すことができるという利点がある。駐車場の区画を墨出しする時などに使用します。

 

 

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

 

 

大昔の棟梁は自分が工事に関わった証として、墨壺を屋根裏の梁に隠したりすることもあったようです。

 


墨(すみ)におけないねぇ~。